東京アラサー女子、人生ひとり旅

年齢=彼氏いない歴の、地味で取り柄のないアラサー女子が、幸せを求めてさまようブログ。

アンナチュラル 第2話を見たよ。

こんばんは、迷える子狸です。

 

今日は、TBS金曜ドラマ「アンナチュラル」を見ました。

 

あらすじ(公式HPより) 

www.tbs.co.jp


 

ミコト(石原さとみ)らUDIメンバーは警察の依頼により、集団練炭自殺の現場に出向く。
そこには4人の遺体があり、刑事の毛利(大倉孝二)は事件性がないと主張するが、ミコトは解剖することを決める。
解剖の結果、3人は一酸化炭素中毒で自殺と断定された。ところが、ひとりの少女の死因は“凍死”であることが判明。さらにその少女の胃の中から、解読不可能なダイイングメッセージが発見される。間違いなく事件であると確信したミコト、六郎(窪田正孝)らUDIメンバーは、所長の神倉(松重豊)に止められながらも、身元不明の少女が残したメッセージの意味を必死で解読しようとする。そんな中、ある理由から突然ミコトは六郎を温泉に誘う。温泉地へと向かったミコトと六郎は、驚くべき事実を突き止める。

だが、そんな2人を絶対絶命のピンチが襲う!!
集団自殺に見せかけた事件の真相とは一体?

 

感想(ネタバレ注意!!)

自殺志願サイトで人を集めて自殺するなんて、座間の事件を連想させますね。

現場には4人の遺体があったけれど、そのうちの1人は凍死であることが判明。

さらに、現場の状況から考えて、

集団自殺の現場に凍死体を遺棄した犯人がいそうです。 

一筋縄じゃいかないのが、このドラマの面白いところですね。

 

殺害現場の特定のため、温泉地で調査をしてたミコトと六郎は、

真犯人の手によって、トラックの荷台にある-20℃の冷凍庫内に閉じ込められてしまいます。さらに、トラックごと水没させられて、命の危機にさらされてしまいます!

そんな中でも、必死にミコトを守る六郎。

いや~、六郎(役の窪田くん)、かっこいいですね(*´꒳`*)

「Nのために」以来でキュンとしました。笑

 

来週も楽しみです♪

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村